Blog

Arduino

コンストラクティブSec Nです。

今日はタイトルにある通り、Arduinoについて書こうと思います。

アルデュイーノ?アルディーノ?

正確な読み方は未だに私も不明ですが

知らない方の為にご説明しますと

ワンボードマイコンの1種です。

こういった電子工学の分野は敷居が高いと感じがちですが

ArduinoやRaspberry Piといったプロトタイピングツールと呼ばれるキットを使うことで

自分の形にしたいものがより早く、より手軽に作ることが出来るようになりました。

Raspberry PiにはOSが搭載されているので、簡易的なLinuxサーバーとしても利用可能ですが

ArduinoはOS非搭載です。

その代わりにシールドと呼ばれる、様々な機能を追加することが出来るキットが販売されています。

このシールドでは、イーサネット, Bluetooth、Wi-Fi、赤外線、温度計などの機能を追加することが出来ます。

最近は3G回線を扱うシールドも販売されて、IoT分野でも活躍しています。

で、何が作れるかと言いますと

設計次第でわりと何でも作れると思います。

面白い制作例を2つ紹介します。

①自動水やりロボットです。

ポンプを水につけておき、そこからチューブを出して花瓶などに入れておきます。

あとは周期的にプログラムされた時間に一定量の水を汲み上げるという

単純な仕組みですが、こんなものが作れると面白いですよね。


http://eleclog.quitsq.com/2013/01/toilet-paper-bot.html

②トイレットペーパー使用量報告Bot

ロータリーエンコーダと言われる回転量を電気信号に変換するセンサ

(マウスのホイール部分にもついている部品)

を利用して回転量や回転方向を取得することが出来ます。

で、あとはトイレットペーパーの表面に当たるように固定しておけば

というように使った長さを自動的にツイートしてくれます。

会社のトイレなんかは気にせず使う人が多いと思うので

無駄づかい防止・節約の為の意識付けには良いですね!

トイレットペーパーの消費が激しい企業は導入を検討されてはいかがでしょうか。

プライバシーも一緒に流れていきますが。

以上のように、多少プログラムが書ける人であれば

面白い電子工作が意外と手軽に作れます。

本体代も3,000円程度ですので、ぜひお試しください。