Blog

コロナ詐欺にご用心

物流Sec 山中です

 桜満開のこの季節、最近はコロナウイルスのニュースばかりです。
どうか皆さんも気を付けてください。

 そんなコロナの心配事を利用してくる新手の詐欺があるようです。
どうか皆さんも気を付けてください…なんて、知れなければ引っかかる可能性があります。
そこで、詐欺の手口としてどんな手があるかを知っておいた方が良いと思います。

 私も15年ほど前、実際に架空請求の電話がかかってきたことがありました。
その時は一体何のことかわからず、詐欺の相手の話を長々聞かされたことを覚えています。
詳しく聞いてみると相手側のボロが色々出てきたため、「詐欺だな」と気づくことが出来ました。

 相手が「警察に言いますよ!」と言ってきたため、私が「どうぞ警察に言ってください」と言うと、
最後は「警察じゃ対応してくれない…」なんて言ってたのを覚えています。

 上記の話が架空請求です。
ありもしない利用料などを請求する手口です。
他にも色々な手口があります。

 振り込め詐欺では「コロナの特効薬がある」などの嘘をついて送金させようとしたり、
「今、融資すると倍の金額が返ってくる」なんてうまい話をして騙します。

 また、劇場型詐欺というのがあるらしく、詐欺メンバーが警察や銀行員を装い、
代わるがわる電話してくるようです。詐欺手口も巧妙になっています。

 詐欺は人の欲と不安を煽って話をしてきます。

不安になったり、うまい話を聞いたら周りに相談してはいかがでしょうか。
どうか皆さんも気を付けてください。