Blog

9月9日は何の日?

こんにちは。物流SecのKです。
8月も後半に入りもうすぐ9月ですね。
さて皆さま、突然ですが9月9日は何の日かご存じでしょうか?

9月9日は「重陽(ちょうよう)の節句」です。
日本の五節句のひとつです。
今日は五節句についてお話しようと思います。

~五節句とは?~
五節句とは古代中国から伝わってきた風習です。
中国では「奇数」が縁起の良い陽数とされてきて、
暦の奇数が重なる日を縁起が良い重要な日であるとして盛大に祝われていました。

【五節句】
1月7日:人日(じんじつ)の節句
別名「七草の節句」
七草粥を食べて一年の豊作と、無病息災を願う日。

3月3日:上巳(じょうし)の節句
別名「桃の節句」
女の子の誕生と成長を祝う日。

5月5日:端午の節句
別名「菖蒲の節句」
男の子の誕生と成長を祝う日。

7月7日:七夕(しちせき)の節句
別名「笹の節句」
七夕に願いを込めて笹に飾ると願いが叶うと言われている日。

そして、9月9日が重陽の節句と呼ばれています。
他の節句に比べて重陽の節句は日本ではあまり馴染みがないかもしれませんね…。
しかし、奇数の中でも最大の「9」が重なる「9月9日:重陽の節句」は五節句の中でも特に縁起の良い日とされています。

さて、具体的に重陽の節句は何をするのでしょうか?
五節句には節句料理と言うものがあり、その季節の旬のものを食すことで無病息災や不老長寿を願います。
1月は七草粥、3月はちらし寿司やひなあられ、5月は柏餅やちまき、7月は素麺を食します。
そして9月は菊酒や栗ご飯をいただきます。

ちなみに栗にはタンニンやビタミンCがたくさん含まれており、
夏にたまった疲れを解消したり、美肌やむくみ解消に効果があります!

重陽の節句には栗ご飯と菊酒をいただいて夏に溜まった疲労を吹き飛ばしましょう!

では、今回はこのへんで!