Blog

日本独自の文化に、新たな需要を見出すこと

こんにちは、ソリューションSecの長谷川です。
今回は、日本独自の文化とそこから発生する需要について考えていきたいと思います。

なぜ、このような考えに至ったかと言うと
今回のコロナ禍でテレワークやWeb会議が増え
その中で、Web会議の画面で上座を設定できないか?というニーズがあったことによります。

Web会議といいますか、そういう多人数でのビデオチャットは以前から普及していましたが
IT後進国である日本では、日頃からITを活用している企業以外では
初めてWeb会議を行ってみるという企業も多かったのでしょう。

その結果として、ネット上で騒がれたのは、「Web会議中の上座はどこだ?」と会社内で問題視されたという話題です。
私は、最初この話は単なるジョークだと思っていましたが、段々とこの話は現実味を帯びていき
それまで存在していなかった「Web会議におけるマナー」というものまで出てくるようになりました。

上座・下座というものに関していえば、「日本だけ」というわけではなく
海外でも存在する概念ではあるのですが、Web会議にまで求められるようになったことに関しては
ある意味日本だからこそ発生したのかなと言う気がします。
(これまでWeb会議で上座・下座なんて問題視されたことなかったですからね・・・)
そういう意味では、「日本独自の文化」といっても過言ではないのでしょう。

ちなみに、他にもコロナ禍で話題に上がったものとしては、はんこ文化がありますね。

さて、そんな「日本独自の文化」とも言える声を決して拾ったわけではないとのことですが
最近、それを実現できるようなサービスが提供されるようになったと話題になったものがZoomです。
( 参考サイト:Zoomの上座はどこ問題が現実に? 新機能で予想外の反応 )

先述したとおり、決して日本を意識してサービス提供をしたわけではないようですが
「日本独自の文化」から生まれるニーズに答えるというところにチャンスはあるように思えます。

Webサービスなんて、すでに星の数のように存在していて
メジャーなサービスは大手がすでに強者となっている状態にあるように思えますが
上座・下座のように日本だからこそ、強く求められることもある日本独自の文化に注目していけば
まだ提供されていない、あらたなビジネスチャンスがそこにありそうですね。