Blog

年中長袖のメリットは?

お久しぶりです、物流システムSecのP.N.戌狸(イヌダヌキ)です。

9月になりまして少し暑さが和らいだように思えます。
しかし時折暑い日があったり、そう思ったら次の日涼しかったり、
寒暖の差が激しく服選びに苦労する季節です。

服選びと言えば…
唐突ですが、僕は年中長袖派です。

今年の夏も長袖を着ていたので、周囲から「暑くないの?」とよく聞かれました。
もちろん、暑いです。(狸だって人間だもの

ではなぜ長袖にしているのか?
それは温度調節をしやすくする為です。

[寒い時]
夏場はオフィスを締め切ってクーラーを効かせます。
僕は寒いのが苦手なので半そでだと凍えることになります。
また、半そで状態でも暑いと言ってる人もいる為、それ以上上着を脱いでもらうわけにもいきません。
そういった時、長袖なら袖を調節することで寒さが和らぎます。

[暑い時]
夏場にオフィスの外に出ると灼熱地獄です。
いくら寒いのが苦手な僕でも外を歩けば溶けます。
そんな時は袖を捲ると、暑さが和らぎます。
また、冬場にヒーターの効いたオフィスで暑いと感じた時も袖を捲って調整できます。

[寒暖の差が激しい時]
今の季節です。
冒頭で書いた様に、暑くなったり寒くなったり大変です。
そんな時でも、長袖なら袖を調節することで気温に合った服装に早変わり!

つまり! 長袖! 最強!(諸説あります)

上記の年中長袖は極端なパターンの話ではありますが、
他にもひざ掛けや床敷きマット等で夏場の寒いオフィス対策をしている人もいました。

今の時期、冬物を出すかどうか迷っているそこの貴方。
いっそ冬物を着て袖を捲ってみるのも良いかもしれません。

といったところで、〆させていただきます。
長々とお目通しいただきありがとうございます。