Blog

Visual StudioでDBと簡単に連携したい

ソリューションSecのOです。どうも。

Windowsアプリ開発で良く使う開発ツールのVisual Studioで、データベースと連携する方法としてEntityFrameWorkが有名かと思います。
簡単に説明すると、開発者がDBに対して直接SQLを作成する必要が無く、オブジェクト形式でテーブル情報を扱える感じでしょうか。
※直接SQLを作成する必要はないですが、フレームワークが勝手に作成してくれるので、デバッグ時に確認等はできます。

主に方法が二つあり、「コードファースト」「データベースファースト」のどちらかで使用することになります。
1:データベースファーストはDB側のテーブルやカラム情報を取得して、自動でソースプログラムを生成する手法
2:コードファーストはプログラムにDBの仕様を記述して、DBへ反映する手法。

それぞれにメリットデメリットがあり、状況により使い分けが必要ですが、主に新規開発ではコードファーストを用いて実装していくことが一般的では無いでしょうか?
※他のフレームワークでマイグレーション機能を使用したことがある場合、記法さえ身に付ければ特に問題なく入っていけるかと思います。

逆にDBがすでに出来上がっている場合の既存システムの改修やリプレイスではデータベースファーストを用いることで、各テーブルごとのモデルクラスを自動生成してくれることにより、モデルに必要な処理を実装していくのみなので、大幅に工数の削減が行えるかと思います。

簡単な説明ですが、またの機会に実際の実装方法例を載せられればと思います。

ではこのへんで!