Blog

メラビアンの法則:非言語コミュニケーション

こんにちは。物流SecのKです。

突然ですが、「メラビアンの法則」というのを耳にしたことがありますか?

【メラビアンの法則とは】

会話の印象を決める要因は、

視覚…55%・聴覚38%・言語7%

であると、理学名誉教授であったアルバート・メラビアンが発表した法則です。

メラビアンは、会話やコミュニケーションにおいて、「会話の内容」だけでなく「しぐさ」や「表情」の重要性に着目し、それを証明した人物なのです。(Silent messages:非言語コミュニケーション)

この「メラビアンの法則」を正しく理解すれば、 ビジネスシーンや日常生活でのコミュニケーションの円滑化に役立ちます。

では、 メラビアンの法則の実験の具体例を紹介したいと思います。

【具体例1. 不満そうな表情で褒める】

相手に不満があるような表情をして褒めることは、
言語情報⇒褒める(ポジティブ)
視覚情報⇒不満そうな表情(ネガティブ)
という印象の矛盾が発生します。

この場合は、視覚情報の方が聞き手に与える影響が大きいので、ネガティブな印象が強くなります。

そのため、どんなに言葉で褒めても、相手は「褒められた」と実感しにくい状況が発生します。

【具体例2. 笑った顔で叱る】

笑いながら叱るということは、
言語情報⇒叱る(ネガティブ)
視覚情報⇒笑っている(ポジティブ)
という印象の矛盾が発生します。

この場合は、叱られた内容よりもポジティブな笑顔の視覚情報の印象が強くなります。

そのため、相手に「本気で叱られていない」と誤解されてしまう可能性があります。

メラビアンの実験結果にもあるとおり、話している内容と声のトーンや表情が一致しない場合、人は表情を優先して受け取る傾向にあります。

【ビジネスシーンでの活用方法】

社内でのコミュニケーションの場合は、相手の話をしっかりと聞き、相手と目線を合わせたり、柔らかい表情で接したりすることを意識しましょう(ポジティブな視覚情報)

他者とコミュニケーションを図る上で、表情や顔色、声のトーン、話す速度、ジェスチャー、視線などは、言葉以上に大きな役割を果たします。

言語コミュニケーションと非言語コミュニケーションをうまく使いこなすことが、 他者とコミュニケーションを図る上で非常に大切になるでしょう。

多忙で返事がおざなりになりがちな方や、面と向かって相手を褒めることに慣れていない方は、非言語コミュニケーションを意識して活用してみてください。
それでは今回はこのへんで。