Security

Security

情報セキュリティー

Auto-IDフロンティア株式会社(以下「当社」といいます)は、情報セキュリティ基本方針に基づき、 情報サービス業として、顧客情報や社内情報の管理に対して維持、改善を続けると同時に、 継続的に社員への教育を行い、情報セキュリティへの取り組みを更に強化し、 技術・品質・信頼性において常に高いレベルのソリューションやサービスをお客様に提供し、信頼される企業を目指します。
本情報セキュリティーは、当社が提供する「https://www.id-frontier.jp/」(以下「本サイト」と いいます)における、本サイトをご利用されるすべてのお客様(以下「お客様」といいます)に対し、お客様の 個人情報保護についての基本的な考え方を明記したものです。ご理解のうえ本サイトをご利用ください。

1. 情報セキュリティ基本方針
当社の業務活動で取り扱う、顧客情報や社内情報は極めて機密性の高いものとなります。
お客様の信頼を確保し、事業の発展的な継続を望みます。
情報セキュリティの確立は会社の最重要課題であると強く認識し、継続的な課題として取り組みます。
情報漏洩及び不正利用等のセキュリティ事故の発生防止及び、法令順守を社の重要な情報戦略の一つとして位置付け、 対象者全員がこの情報セキュリティ基本方針に則り業務に取り組んでおります。

2.情報セキュリティの定義
情報セキュリティとは、情報の機密性・完全性・可用性を維持することを意味します。

3.情報セキュリティの目標
当社は、お客様、発注者様へのご迷惑となるセキュリティ・インシデントの発生をゼロとさせ、 セキュリティ・マネージメントを徹底し、お客様、発注者様の信頼を得る会社となる事を目標としております。

4. 適用範囲
情報セキュリティの適用範囲は、当社の全ての組織と業務に関わる情報資産、情報システム及びそれを扱うものを対象とします。

5. 管理者の任命と義務
適切なセキュリティレベル維持の為に、品質管理委員会を中心とした管理体制を整備します。

6. 内部監査
情報セキュリティ基本方針が遵守されている事を検査する為に定期的に内部監査を行います。

7. セキュリティ対策
当社は取り扱う情報に応じて、最適な情報セキュリティ対策を講じるものとします。

8. 従業員の義務
従業員は本情報セキュリティ基本方針を遵守し行動します。 これに違反し重大な問題を発生させた場合には、就業規則等に基づき罰則を与えるものとします。

9. 情報の特定と対策
当社において取り扱う秘密情報や個人情報を特定し、保護の為に最適な情報セキュリティ対策を講じます。

10. 情報資産の保護
情報資産の機密性・完全性・可用性を確実に保護するため、組織的、技術的に最適な対策を講じます。

11. 情報セキュリティ・インシデント及びセキュリティ事故への対応
情報セキュリティ・インシデントが発生した場合は、発見者は速やかに品質管理委員会にその内容を報告し、 必要に応じて緊急処置を講じます。 情報セキュリティ事故については、その事故原因を分析し再発防止策を講じるよう努めます。

12. 法令遵守
当社は事業活動に関わる法規、契約上の義務を遵守し、そのために適切な情報セキュリティ対策を実施します。

13. 個人情報保護
当社はお客様の情報をお守りする事が重要であると認識し、個人情報保護法・その他諸法令を順守し、 個人情報を適正に管理・監督していく事を宣言した個人情報保護方針(プライバシーポリシー)を策定し、 個人情報を管理するものとします。

14. 著作権保護
当社は、著作権法に準じて著作物を管理するものとします。

15. 情報セキュリティ教育
情報セキュリティに関する教育・訓練活動は、品質管理委員会指示のもと、従業員全員で推進を図るものとします。

16. 継続的な改善
本「情報セキュリティ基本方針」及び関連する諸規則、管理体制の評価と見直しを定期的に行い、 情報セキュリティの継続的な改善を図ります。